女の人

新しいTV会議の方法|ITシステムの機能性の向上

システムを導入するメリット

PCを操作する女性

商用車向けのテレマティクス動向

商用車向けテレマティクスサービス市場は自動車業界だけでなく、ITベンダーや通信業界、サービスプロバイダも巻き込み、2020年へ向けて巨大市場に成長するべく動き出しています。 車両管理システムであるテレマティクスが普及拡大していく要因の一つとして挙げられるのが、助成金など国の支援体制が整っていることにあります。緑ナンバーや白ナンバーなど全ての商用車に、テレマティクス端末などの車両管理システムの導入が義務付けられる流れになっていることが拡大化に繋がっています。 現在は、運行動態管理システムに加え、デジタルタコグラフ、ドライブレコーダー、オートリース用テレマティクスという4つの端末が融合しつつ、商用者向けテレマティクス端末として進化を遂げようとしています。

テレマティクス市場拡大へ向けての注意点

車両管理システムとしてテレマティクスを導入することは、新たな環境対策アプリケーションとして役割を担わせることができる可能性があります。国が補助金や助成金を設定しているのもそういう目的が大きいことからわかります。 通信費の低額化も市場成長拡大のためには欠かせません。通信キャリアはビジネスの対象として、自動車用通信市場を有望と考えており、パケット単価を下げてでもテレマティクスユーザーを増やそうという傾向にあります。 また市場拡大には営業車両の無駄の撤廃も重要です。リーマンショック以降、コスト削減は企業の大命題となりました。リース車両を適正な台数にする運行動態管理システムなど車両管理システムのニーズは日に日に高まっています。